生理前にニキビが増えるのはホルモンが原因の一つ

生理前にニキビが増えるのはホルモンが原因の一つ

生理前になるとニキビが増えた経験がありませんか。ニキビとホルモンには関係があります。

 

ニキビができる原因

 

ニキビができる原因の一つが毛穴に皮脂がたまることです。皮脂が過剰に分泌されたり、角質が厚くたまっていると少量の皮脂でも毛穴に皮脂がたまります。

 

毛穴から皮脂が分泌できないと白ニキビになります。この段階で治ればニキビ跡はできにくいです。

 

アクネ菌は皮脂が大好物です。たまった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖すると、炎症物質ができて赤ニキビになります。炎症の刺激でコラーゲンが変性してクレーター状の跡ができたり、肌を守るためにメラニンが生成されて色素沈着ができることがあります。

 

女性ホルモンとニキビの関係

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。生理前にはプロゲステロンの分泌量が増えていて、プロゲステロンが原因でニキビができやすくなります。

 

プロゲステロンには皮脂分泌を活発にする働きがあります。生理前はターンオーバーが遅れて角質が厚くなりやすい時期なので、毛穴の出口がふさがれて毛穴に皮脂がたまりやすくなっています。そのため、生理前になるとニキビができるのです。

 

男性ホルモンとニキビの関係

 

男性ホルモンには皮脂分泌を活発にして角質を厚くする作用があります。男性ホルモンが増えると皮脂分泌量が増え、角質で毛穴がふさがれているので皮脂がたまり、ニキビを悪化させます。

 

女性も男性ホルモンが分泌されています。閉経を迎えて女性ホルモンが減少したり、ストレスを強く感じ続けていると男性ホルモンが増えます。

 

ストレスを感じるとコルチゾールというストレスに対抗するホルモンが分泌されます。コルチゾールには男性ホルモンを分泌させる働きもあるため、ストレスで皮脂分泌が活発になるのです。

 

対策

 

生理前は脂っぽいものを控えるようにします。甘いものが食べたくなるかもしれませんが、チョコレートやケーキなどは脂肪分が多いので控えます。睡眠を十分にとったり、好きなことをしてストレスを溜めこまないようにしましょう。